環境新聞の取材を受けました!

過日、環境新聞の取材を受けました。

大気汚染防止法の改正の特集号を出すとのことで、当社は技術面での対応について、ロングタイプのフレコンバッグの紹介をしました。

現在、記者さんの校正中ですが、当社の思いを次のように訴えました。

 

・最近、アスベスト成形板(レベル3)運搬用のフレコンバッグ(リレーバッグロングタイプ)の売れ行きが好調である。

・これまで、ロングタイプの注文はリピーターの方からのものが多かったのですが、最近では初めて注文して頂く会社が明らかに増えてきている。

・当社のロングタイプのフレコンバッグは、10年以上前にあるゼネコンのお客様からの要望に応えて企画開発したもので、以来、徐々に注文が増えて行き、2007年の発売以降、延べ800万㎡の処理実績となっている。

・当社では、初めてのご注文の際には、必ずお客様にヒアリングをしていますが、最近とみに多くなった声は次のようなもの。

「これまでの梱包では、受け付けてくれなくなった…。」

「大防法の改正により、今までのように長尺物を割って砕いてフレコンバッグに詰められなくなりそうだ…。」

「何やら、80㎡以上の延床の解体工事は役所に届けなければならなくなるらしい…。」

「解体工事のお施主さんが、この辺りの事情を理解してくれて、工事費のアップに対応してくれるかしら…」等々。

(ひょっとしたらコロナ禍よりも切実な問題として解体業者の皆さんの肩にずっしりと重荷が載っているかのようです)

 

当社は、6月14日で会社設立20周年を迎えました。

この20年間、ひたすらフレコンバッグの製造販売を通じて、解体業者の方々、リサイクル業界の方々、広く建設業界や製造業界の皆さまのお役に立とうと事業を続けてきました。

その中でも、ロングタイプの開発には、ひとかたならぬ苦労をしました。

長尺のスレート板を割ったり砕いたりせずに入れるのには、どうしても横に長い長方形の形状が求められますが、横に長ければ長いほどクレーンで吊った時にバランスを取るのが困難になります。

どのようにすれば、バランスが取れるか?

知恵と工夫を重ねて、最終的には特許を取得しました。(特許第5326153号)

担当した弁理士からは「よく、ここまで工夫をしましたね。」とお墨付きをもらいました。

厚生労働省の「石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアル[2.20版]にもロングタイプのフレコンバッグの利用を推奨して頂いています。

各地の最終処分場においても、特にロングタイプを推奨している所もあります。

 

さて大防法改正案も5月29日に参議院を通過して、あとは施行日を待つばかりです。今後、作業基準が見直され、いよいよ我が国の全面的なアスベスト対策がスタートします。

今後も、「アスベスト成形板(レベル3)の運搬には、リレーバッグのロングタイプが安全・安心で便利だなぁ」と皆様から言って頂けるために頑張ろうという気持ちを新たにした一日でした。