アスベスト飛散防止サポート室

〜法律改正により:原形のまま 解体・収集・運搬が 原則義務化〜

お客様の声をご紹介します(5月16、17日ご注文・お問い合せ分)

A社 様

新しいカタログが届いたので見ながらの連絡とのこと。

ロングタイプのサイズは3種類だけですか?

(収集運搬を請け負う中でアスベスト含有のパネルやスレートもあり、6尺用と8尺用は使用実績あり)

感覚的に、長さ3000mmを超えるものはほとんど無いと思うが、幅が1100mm以上のものはありそうなので、今後、1100mm以上の収運を頼まれた時にどう対応しようかな?と思っている、すでに収運を頼まれているような具体的な案件はない、とのこと。

ワイドロングの説明をしたところ、資料が欲しいとのことで取説PDFをメール送付。

さらに、アスベストではないが、規格外のサイズの特注はできるか?と質問あり。

カタログ掲載の既製品で対応できないもので、最低ロット数などがクリアできれば受けることは可能返答。

B社 様

5月16日から開始した解体工事現場で石綿含有産業廃棄物が出てきて、事前にアスベスト含有建材用の対応を調べてなかった!と大慌てで調べて、インターアクションに連絡してきた。

 

C社 様

建設業の会社から、アスベストを入れる用のフレコンはないのか?と言われ、インターアクションHPを印刷したものを渡される。

その後「アスベスト&フレコン」でインターアクション見つける。

定期的に購入したいらしく、在庫をある程度確保しておいて欲しい‥と言われる。

今回、公共施設の解体工事をやるにあたり、アスベストが含まれる建材が出てくるとのこと⇒4月からの規制強化に伴って「なるべく原形のまま」での対応を取る方向へ。処分場は二重梱包を要請。

 

D社 様

今回、公共施設の解体工事をする際、屋根部分から木毛板が出てくるみたいで、

行政側から「石綿みなし」で対応お願いしますと言われており、長尺タイプのフレコンが急遽必要になったとのこと。処分場は一重OKとのこと。

 

youtu.be

 

2022NEW環境展に出展します!

2022NEW環境展が来週開催されます。

 

インターアクションは、「リサイクル物流をサポート」を、会社の主たる事業目的として掲げています。

 

一昨年の大防法・石綿則の改正により、アスベスト含有建材(レベル3)の解体に際しての規制が厳しくなりました。

レベル3含有の長尺物を原形のまま収集・運搬が可能なロングタイプのフレコンを始め、各種専用容器等の販売を通じて、関連業界の皆様方のご支援をさせていただいております。

 

また、コンテナスロープ(バンステージ)や屋根付きカゴ台車等も、物流全般をサポートする機器として多くの企業の方々にご活用いただいています。

 

さらに、各種のフレコンバッグを展示する予定ですが、中でも業界で初めての試みであるアプリからの注文で、翌日のお届けが評判の「4時フレコン」も多くのお客様にご活用いただいています。

 

これらの製品群を展示させていただくことで、毎年多くの来場者の方々にブースに立ち寄っていただいています。

 

昨年の展示ブースは以下の通りです。

 

従業員一同、ご来場をお待ちしています。

 

お客様の声をご紹介します(5月12日ご注文・お問い合せ分)

A社 様

石綿含有産業廃棄物」のラベルの注文。環境展招待のカタログを見ての注文。

大手企業の工場の解体なので、キチンとしなければと思っていたところにカタログが届いた。ロングタイプの注文も検討中とのこと。

 

B社 様

アマゾンを通じて、「石綿含有産業廃棄物」のラベルの注文。(個人から)

勤務先の会社がインターアクションと直接取引があることをご存知なかったようで、念のため連絡したところ、既に決済してしまったので今回はこのままアマゾンで購入するとのこと。

 

C社

今回、都営住宅の改修工事にて石綿含有のフレキシブルボードが出てくるようで、収集運搬担当のT社さんサイドからインターアクションのロングタイプに入れるように勧められたとのこと

→現場で、一旦PEシートで梱包しているようなので、ロングタイプとあわせて最終二重梱包で処分する模様。

D社

内容物はPタイル、6尺のスレート。

Pタイルは枚数が出てくるため、PE袋150-LCの中に詰めて、1立米フレコンの中に袋詰めして対応する。  

 

 

お客様の声をご紹介します(5月11日ご注文・お問い合せ分)

A社 様

石綿含有産業廃棄物」のラベルの注文。

従来は紙に書いて対応していたが、もっとしっかりした物にしなさいと指導された。

ロングタイプは出入りの卸を通じて注文して既に使用している。

B社 様

ロングタイプ8尺用を20袋ご発注。

公共案件にて、石綿含有建材が出る為、今回初めてロングタイプを試すことにした。今迄は原形のまま処分場へ持ち込み対応できていたが、処分場の受入終了に伴い、新しい処分場へ持ち込みを行う。

 

C社 様

今年4月から、アスベストの規制が厳しくなったので、直近で案件があるわけではないが備えておけば、アスベスト含有建材が出てきても安心!と思い色々発注してみた。

内装解体、収集運搬、資材の搬入搬出など色々行っているが内装解体の仕事が一番多い。

 

D社 様

本業は農業資材を扱っているが、収集運搬の免許も保有している。

石綿含有のガレキの収集運搬を請け負ったのでネットで「フレコン・石綿」で検索したら、インターアクションが見つかった。

二重梱包が必要な場合は手持ちの袋を使用する。

 

 

お客様の声をご紹介します(5月10日ご注文・お問い合せ分)

A社 様

今回、自社が施工する建物の改修工事にて、6尺サイズのスレートが出てくるみたい。⇒少量ではあるものの、4月から石綿規制強化に伴って、周りからうるさくなっているので、なるべく割らない方法を探していたとのこと。

*処分先は不明だが、産廃業者から【二重梱包】にするようにとの指示あり。

 

B社 様

リフォーム工事、屋根工事など行っているが、アスベストの仕事はあんまり行っていない。今回は、H市の公共案件の為、ロングタイプを使いアピールを行う。

ロングタイプ8尺用で発注だったが、ヒアリングしたところ、サイズは600×1900だった。8尺を発注したのは、在庫にするなら大は小を兼ねると思い、発注した。

底部にはコンパネなど敷くか大きいものを一番下に敷くつもりだった。

二重梱包で!と言われていなかったが念には念を入れて二重梱包用のシートもご発注。

 

C社 様

今回、自社施工の建物解体工事にて、石綿含有のカラーベストが出てくるみたい

→収集運搬担当のT社からインターアクションのことを紹介されたようで、当初はアスベスト大(100S2B-DCL-A)のみだったが、最終の持込先が、二重梱包が必要ということでなのでPE内袋150も追加してもらうことに!

D社 様

水道施設工事を行う際、石綿管が出る。中間処理場に持って行くが1重梱包で持ち込み了承をもらっている!

市の担当の方から、粉砕せずに運搬しても欲しいとの依頼があった為、ネット検索にてインターアクションを見つける。


E社 様

レギュラー商品の100BOX発注時に、アスベスト大とロングタイプ6尺用の注文有り。処分場は1重でも2重でもOKみたい。

処分場に成形板6尺と割れた成形板の梱包形態を確認した所一重でOK‼を確認済み。自社で解体を行うときに出てきたらしく、アスベストの取り扱いが厳しくなってきたので今回、初めて使用していただけることに。

 

youtu.be

お客様の声をご紹介します(5月9日ご注文・お問い合せ分)

A社 様

卸しの会社からの問合せ。大手企業の社員寮を解体するのに6尺サイズのスレートやサイディングボードが出る。⇒今まで、ユーザーは「割って、フレコン詰め」していたが、本年4月から石綿規制強化に伴って、現場的に対応が厳しくなっているので、今回インターアクションのロングタイプを使うことにした。

B社 様

初めてのご注文(8尺用ロングタイプ/10pcs)

解体工事で8尺のスレート板が出るが、今までアスベストの取り扱いがなく、支店から「こんなのあるよ」とカタログをもらって発注した、とのこと。

最終処分場は一重梱包でOK。

工期は年末までだが、スレート板はこれ以上出ないので、今回の工事に関しては10袋あれば十分、とのこと。

 

C社 様

内容物は配管のフランジパッキン(配管接続部をばらさずにアングルごと外してレベル3処理)

一重梱包でOK.処分場不明だが収集運搬業者に確認済とのこと。

アスベストを扱う工事はたまにある。

収集運搬業者からは無地の袋でよいと言われているが、施主さんの手前、表示付きのフレコンを使用している。

今まではネットで購入していたが、最近、表示付きを取り扱っているところが少なくなってきて、ネット検索でインターアクションを見つけた、とのこと。

検索ワード:アスベスト/フレコン

 

D社 様

初めてのご注文(ロングタイプ6尺用/5pcs+送料)

Webで検索→スレート・回収・袋で検索したらリレーバッグが最初に出てきた、とのこと。

屋根工事でスレートが出た。アスベストはめったに出ないので、過去に出た時は、回収業者から購入している普通のフレコンに割ったりして入れていた。法改正はご存知の様子。特に受け入れが厳しくなったわけではないが、守るところは守らんと、と思っている。また、割る作業にかかる人工を考えると、そのまま入れるほうが効率が良いので検索した、とのこと。

 

 

 

お客様の声をご紹介します(5月6日、7日ご注文・お問い合せ分)

A社 様

内容物は石綿含有のサンドイッチパネル

立体駐車場の解体工事で、鉄骨についている石綿含有のサンドイッチパネルが 900×1800で、改正マニュアル通りに、原形のまま手ばらしする予定のため、ロング120を購入予定。

パネルの厚みから単純計算したらロングタイプが26~27袋必要なので、社内稟議用に30袋の見積を依頼。パネルを剥がすのは6月に入ってからなので、そろそろ注文する。

最終処分場(管理型)へ持込む、二重梱包が必要とのことで、PEシート150も2巻の見積も併せて提出することに。

カタログも送付希望。

B社 様

収集運搬を頼まれ、先方から「スレート板を入れるもんないか?」と言われた。

今までは、C社(卸売り)に頼んで買ってもらっていたが、直接買ったら?と言われて、今回、初めてTEL注文した。

最終処分場は、二重梱包必要だが、回収先でシート梱包済みとのこと。

 

C社 様

リフォームに伴う解体工事でレベル3建材が出る。

近々ある現場では軒天ボードが出るが、水廻りやユニットバスリフォームも多い。

法改正でいろいろ厳しくなってきているので、処理方法などを調べて、いろんなものを見ている中でインターアクションのロングタイプを見つけたが、1袋が2500円であまりにも安いので心配になった。(以前、1袋9000円程度のものを見かけたため)

今回、サンプルとして一度使ってみたい。

インターアクションのホームページやYouTubeを見てくれたとのこと。

「バッグ強度がJIS規格に準じているか知りたい」とのことなので、生地とベルトどちらも引っ張り強度のJIS規格に準拠、証明書もある旨と、ベルト構造では特許取得、厚労省環境省の処理マニュアルに写真掲載、リピートしてくださる業者さん多数、と説明。

それであれば、なおさら他の社員たちにと一緒に実物を確認したいので、サンプルが楽しみです、とのこと。