NETIS(公共工事等における新技術活用システム)へ挑戦!(その3)

Q2 開発した技術はどうしたら現場で 使われるの?

 

 ・国土交通省では、NETIS登録技術の活用等を促進しています。

開発された新技術がNETISに未登録の場合は、まずNETISに登録して ください。 新技術を使う場合、NETIS登録技術から現場条件等に合致した技術を選定します。現場で使ったNETIS登録技術については、一定の要件を満たせば事後評価を実施し、技術の確認を行います。事後評価の結果、評価の高い技術は、より一 層、活用等が促進されることになります。

設計時にも、新技術の採用を検討しますので、コンサルタント等への検討・採用の営業活動も有効です。

 

Q3 NETISってお金がかかるの?

 

登録申請手数料は不要です

事前審査等にかかる費用は、新技術の活用等の型に応じてNETIS申請者、発注者、施工者がそれぞれ負担していただきます。

事前審査に、そんなに大金が必要なのでしょうか?

 

Q4 NETISに登録したらどんな良いことがあるの?

 

・NETISに登録すると、開発した新技術の活用促進、事後評価で技術改善のヒントが得られるため、技術のスパイラルアップにつながります。

 STEP1…NETIS登録

 STEP2…新技術・新工法の採用

 STEP3…現場での活用等→事後評価の実施につながる。

 STEP4…事後評価→NETISに掲載され技術のPRにつながる

 STEP5…優れた技術の選定。さらなる普及促進技術の改良

 

本当に良いことがあるのでしょうか?

我が社としては、今後、国・地方自治体において実施される解体・補修工事において少しでも多くロングタイプを使用して頂くことでアスベスト被害を失くしていくことが最大の目標です!

 

f:id:relaybag:20200722103656p:plain

 

NETIS(公共工事等における新技術活用システム)へ挑戦!(その2)

このNETIS、心強いのは、同業の「千尋バッグGTBシリーズ」(モリリン株式会社)という耐候性大型土のうが登録されていることです。

紹介文には「本技術は災害復旧事業における応急対策工事や仮設工事などに活用する内袋を有する大型土のう袋に関する技術で、従来はフレキシブルコンテナバックを使用していた。本技術の土のう袋の活用により耐候性が向上し、袋内の水分含有物やアスベストの流出防止を期待できる。」とあります。

 

なんか行けそうです(笑)というのが第一印象。

ですが、詳しい資料を見てみますと、これがなかなか大変な作業のようです。

 

国土交通省のNETISの案内パンフレットを見てみましょう。

有り難いことに冒頭にQ&Aがあります。

 

Q1.登録申請はどうすればいいの?

 

①申請に必要な以下の様式をダウンロードしてください。

・様式1:登録申請書・様式2:技術概要説明資料・様式3:技術詳細説明資料

・様式4:比較表

必ず申請しようとしている地方整備局等の申請・相談窓口に確認してください。

申請に必要な各様式はNETISホームページにてダウンロードできます。

②申請書類を作成してください。

 ・上記資料、及び記載内容の技術的裏付資料を作成してください。

 ・登録したい新技術のカタログ、試験成績等の資料があればご用意ください。

ヒアリング予約をしてください。

 ・作成した書類を申請しようとしている地方整備局等の申請・相談窓口に事前連絡をした上で持込み、申請をしてください。

・受理された段階で申請受付(ヒアリング)の予約をしてください。

④申請・相談窓口でヒアリングを受けてください。

 ・作成していただいた必要書類、新技術のカタログ、試験成績等に基づいて、申請・相談窓口のヒアリングを受けてください。

⑤登録に必要な追加書類を提出してください。

 ・ヒアリングの際に、追加書類を求められた場合は提出してください。

 ・必要な書類が全て整えばNETISへの登録を行います。

 

なかなか大変そうです💦

NETIS(公共工事等における新技術活用システム)へ挑戦!(その1)

「石川さん、ネティスって知ってますか?」と社長からの問いかけ。

何かの略だろうか?

ちょうど、アスベスト用フレコンのロングタイプの話をしていた時のことでした。

今週、とあるトンネルの側壁板の容器にロングタイプが注文されました。

その昔のゼネコン時代、県境をまたぐ大規模なトンネル工事の貫通式の司会進行を担当しました。

最後の発破で明かりが漏れてきた時の感動を忘れられません。

トンネル工事にはアスベストレベル3建材が多量に使用されています。

内装化粧板や遮音板のスレート板、天井板のセメント板などです。

高度成長期にあちこちで建設されたトンネルも、そろそろ補修・リニューアルの時期を迎えています。

笹子トンネルの天井板が落下し、9名の尊い命が奪われたのが8年前のことです。

亡くなった方々はもちろんお気の毒ですが、事故に巻き込まれた方々や事故後の補修工事の作業員の方々もアスベストを吸入しているのではないでしょうか?

 

「ネティス?いやぁ~知りませんねぇ」生半可に知ったかぶりをすると後で恥をかく。

公共工事において、推奨される技術を登録するシステムらしいのですが、公共事業でもアスベストを使用していますので、当社のロングタイプが登録できれば…」

「めっちゃメリットありますね!」

「以前、登録を検討してみたのですが、何しろ費用が300万円もかかるということだったので断念しました…」

「さんびゃくまんえん!そりゃ高いですねぇ」

特許申請で弁理士さんに依頼した場合でも30~40万円が相場です。

300万円は少々高過ぎるようです。

すでにこのブログでもご紹介したように、我が社のロングタイプのフレコンバッグは特許を保有しています。

大防法の改正でレベル3も規制対象になりました。

今後、公共・民間ともにスレート板などのアスベストレベル3含有建材の解体が急増してきます。

この際、我が社もネティスなるものに挑戦してみたいと思います。

ということで社長に「私、担当します!」とまた安請け負いをしてしまいました。

 

NETIS新技術情報提供システム)とは、民間企業等により開発された新技術に係る情報を、共有及び提供するためのデータベースであり、国土交通省によって運営されている。(New Technology Information System)の頭文字を取り、ネティスと呼称されている。

国土交通省が取り組んでいる「公共工事等における技術活用システム」の中核を担うものとして平成10年度より整備されている。

運営の目的としては、現在公共事業が抱えている様々な問題点を解決すると共に、優れた技術を持つ企業をサポートし、更なる新技術開発を促進する事が挙げられる。

その為に適用区分ごとに分けられた新技術に係る情報を全国の地方整備局や工事事務所で共有し、優れた技術に関しては、各公団や地方自治体が行う公共事業全般に積極的に利用している。平成13年度からはインターネット上で一般に公開されており、法人個人を問わず誰でも自由に閲覧する事が出来る様になっている。

Wikipedia調べ)

 

f:id:relaybag:20200715125522p:plain

 

#NETIS #公共工事 #アスベスト #フレコンバッグ #公共事業 #http://www.relaybag.com/

石綿飛散防止に係る技術的事項検討会(第1回)の開催について

さて、大防法の改正によって気になるのは、アスベストの飛散を防止するための技術的な事項がどのようになるかということです。

つまり作業基準をどのように決めていくかということです。

そのために環境省は「技術的事項検討会」を設置し、3月9日に第一回会合を予定していましたが、コロナ禍の影響により順延され、最終的に書面開催となりました。

検討事項は7つ。

一番目が「特定建築材料以外石綿含有建材の除去等作業の際の石綿飛散防止」として (ア)規制対象に追加する石綿含有建材 (イ)作業計画 (ウ)作業基準となっています。

それから順に、下記の通りの検討事項です

②事前調査の信頼性の確保 

石綿含有建材の除去等作業が適切に行われたことの確認 

④特定粉じん排出等作業中の石綿漏えいの有無の確認 

⑤作業基準遵守の強化 

⑥報告徴収及び立入検査 

⑦その他必要な事項

 

スケジュールは「令和2年9月までの間に2回程度開催した後、検討の結果を石綿飛散防止小委員会に報告する」となっています。

 

検討会の構成は、

座長の早大教授の大塚氏を含めて9名です。

全解工連の出野専務理事、日建連の城山氏、住宅リフォーム推進協の谷口氏などの顔ぶれです。

 

具体的な検討スケジュール(案)は以下の通り。

○第1回(令和2年3月(書面開催))

石綿飛散防止に係る技術的事項検討会の設置について

石綿飛散防止に係る技術的事項の検討について

○第2回(7月頃を予定)

石綿飛散防止に係る技術的事項の検討について

※必要に応じて、追加で検討会を開催し議論

◇本検討会の検討結果を踏まえ、環境省において大気汚染防止法施行令、大気 汚染防止法施行規則等の改正案を検討し、パブリックコメントを実施。

 

次回からこの検討会での検討内容に関して少しずつ紹介していきたいと思います。

 

#大防法 #パブコメ #アスベスト #石綿飛散防止 #フレコンバッグ #http://www.relaybag.com/

大気汚染防止法改正が公布されました!

大防法の改正案が5月29日に成立し、6月5日に公布されました。

各紙で報道されましたが、一番分かりやすい「建設通信新聞」の記事を転載します。

 

「レベル3建材を追加/改正大気汚染防止法が成立(2020-06-08 2面)]

 石綿が使われた建築物の解体・改修に関する規制を強化する改正大気汚染防止法が5月29日の参院本会議で可決、成立した。ガイドラインで対応していたレベル3建材を追加し、レベル1-3のすべての石綿含有建材を法の規制対象とする。

2021年4月に一部施行し、22年4月に全面施行する。

一定規模以上の工事で、石綿の有無に関する事前調査の結果を都道府県に報告することを元請業者に義務付ける。対象工事の基準は、労働安全衛生法石綿障害予防規則を改正する厚生労働省の基準に合わせて、80㎡以上の解体作業と請負代金100万円以上の改造・補修作業と定める方向だ。

環境省厚生労働省が連携し、スマートフォンなどの入力によって事前調査結果を簡易に報告できる電子システムを整備する。

作業基準順守義務の対象には下請業者を追加する。

作業基準の順守を徹底するため、直接罰を創設。

事前調査結果を報告しなかった場合は30万円以下の罰金、隔離しないでレベル1、2建材を除去した場合は3カ月以下の懲役または30万円以下の罰金を違反した元請業者、下請業者に科す。」

 

今後、来年4月の一部施行に向けて、作業基準等が次第に明らかになっていくものと思われます。

 

また、Web東奥には次のようにあります。

アスベスト石綿)の飛散防止対策を強化する改正大気汚染防止法が29日、参院本会議で賛成多数により可決、成立した。原則として全ての建物について解体・改修の前に業者が石綿の有無を調べ、都道府県などに報告することを2年以内に義務化する。

現在は石綿が含まれない場合は報告義務がなく、業者の見落としなどが原因で飛散するケースがあった。改正後は業者の報告を行政がチェックする。石綿をセメントで固めたスレートなどの建材も新たに規制するため、飛散防止策が必要な解体・改修工事は、現在の年約1万6千件が5〜20倍に増える見込み。」

 

さらに、環境ビジネスオンラインには次のようにあります。

「これまで大気汚染防止法(大防法)では、吹付け石綿石綿を含有する断熱材、保温材、耐火被覆材(石綿が質量の0.1%を超えて含まれているもの)を「特定建築材料」として規制の対象としていた。一方で、これらの「特定建築材料」以外の成形板等でも、養生・湿潤化などの適切な飛散防止措置が行われないと、作業現場周辺の大気中に石綿が飛散するおそれがあることが明らかになった。そこで、規制対象をすべての石綿含有建材まで拡大することとなった。」

 

解体時の飛散防止対策のみならず格納・運搬時の飛散防止の作業基準も制定されると思います。

今後の基準制定の動向が気になりますが、最近、フレコンに格納時に割ったり・砕いたりしないようにと施主から指示されたという声が頻繁に耳に入るようになっています。

 

#アスベスト #レベル3建材 #大防法 #解体 #フレコンバッグ #http://www.relaybag.com/

6月分プレス・リリースの話

今年の2月から、毎月プレス・リリースを出しています。

ある経営コンサルタントの方から勧められました。

「すぐに効果が出るわけではないですが、最も費用をかけずに会社のニュースを皆さんに伝えられますよ。毎月1万円ぽっきりで配信してくれるサービスもありますよ」

「ホントに効果あるのぉ?」という疑問がムクムクと。

「とにかく1年間続けてみて下さい!毎月広告ができて1年間で12万円って、一番安い広告手法かもしれませんよ!」

「そうかなぁ?」と、あくまでも疑い深いです。

「しかも、1ケ月1万円で何回も申し込むことができますよ!」

「そりゃすごい!」

でもよく考えてみたら、1ケ月にリリースする内容なんて、そう何個もありませんよね。

それでも、今月で5回目。頑張ってリリースしています。

 

ということで、今月の内容です。タイトルは、

アスベスト・レベル3建材向けのフレコンバッグの製造販売を中心にSDGsへの取り組みスタート!です。

 

6月5日に大防法改正が公布されました。

今後このブログで改正法の内容と関連業界の反響を簡単にご紹介していきます。

 

プレスリリースの内容は次の通り。

 

アスベスト含有建材(レベル3)も含めて、アスベストを含む建材がすべて法律の規制対象となる時代が到来しました。

 

■我が社は、大防法の改正前から、規制対象外であったレベル3建材においても、たとえ用心深く原形のまま解体しても、運搬用の容器(フレコンバッグ等)に入れる時点で破断してしまっては、アスベストが飛散してしまい、解体作業に従事している作業員の方に健康被害をもたらすのではないかという懸念から、原形のまま格納できるロングタイプのフレコンバッグを企画・製造してきました。

 

■長尺のスレート板を割ったり砕いたりせずに入れるのには、どうしても横に長い長方形の形状が求められますが、横に長ければ長いほどクレーンで吊った時にバランスを取るのが困難になります。

我が社では、知恵と工夫を重ねて、最終的には特許を取得し(特許第5326153号)、厚生労働省の「石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアル[2.20版]にもロングタイプのフレコンバッグの利用を推奨して頂いているほか、各地の最終処分場においてもロングタイプを推奨している所もあります。

 

■大防法の改正をもって、いよいよ我が国でも本格的なアスベスト規制の時代が到来しますが、我が社では、従来から取り組んできたアスベスト含有建材の運搬・廃棄サポートに加え、大防法改正により今後ますますニーズの高まりが予想されるアスベストレベル3建材廃棄の専用容器であるロングタイプの提供を通じて社会貢献を果たしたいと考えています。

 

以上です。

とにかく、我が社のロングタイプを使ってもらうと、袋詰めする時にアスベストが飛散しません!

作業員の方の健康被害を未然に防ぎ、現場近隣の住民の方への影響も最小限にすることができます。まさに「三方よし」です。

どうか、反響がありますように。

 

#アスベスト #飛散防止サポート室 #プレスリリース #大防法 #フレコンバッグ #http://www.relaybag.com/

SDGsに取り組みます!

環境新聞の取材もほぼ終わり雑談タイムになりました。

記者さんが「インターアクションさんはSDGsに取り組まないのですか?」

SDGs…?

聞いたことはあります。最近、地下鉄の中で、胸に七色?のきらびやかなバッチを着けている人が増えています。

「えっ?我が社でも取り組めるような活動なのですか?」

「もちろん!立派に取り組めますよ。」

ご存知のように、SDGsは「17の目標」と「169のターゲット(具体目標)」で構成されています。

我が社では、アスベスト関連で③の「すべての人に健康と福祉を」、ロングタイプや他にも様々に工夫したフレコンバッグにより⑨の「産業と技術革新の基盤をつくろう」と⑪の「住み続けられるまちづくりを」⑫の「つくる責任つかう責任」あたりがあてはまるのでは?とのことでした。

さらに今月より、社屋ビルの屋上に太陽光パネルを設置しましたので、⑦の「エネルギーみんなにそしてクリーンに」あたりも該当しそうです。

迂闊な話ですが、我が社ではずっとSDGsに取り組んでいました。

早速、従業員全員に周知し、取り組みスタートと思っていた矢先、アジア太平洋トレードセンターの公共サービス事業部エコプラザ課の主任からメールが届きました。

エコプラザでは、我が社の「分別選袋セパレンジャー」を常設展示しているのですが、エコプラザ自体も本年度メインテーマとしてSDGsを掲げたいとのこと。

f:id:relaybag:20200623125006p:plain

そこで、我が社の展示コーナーにも⑨「技術革新」⑪「まちづくり」⑫「つくる責任つかう責任」の3つのテーマで取り組み中のパネルを掲示させて欲しいとのこと。

グッドタイミングとはこのような感じですね。

「喜んで~」とお返事させて頂きました。

ということで、南港のATCビルのITM棟11階に行って頂くと、我が社の展示物の前にSDGs取り組みのパネルが掲示されています。

我が社でも、これまで以上に意識してSDGsの取り組みを強化していきたいと思います。

f:id:relaybag:20200623125026p:plain