大防法・石綿則改正に関するマニュアルの解説⑪

4.建築物等の解体等における飛散防止対策(最終) ≪産廃処理時の留意事項≫ 石綿則第32条第1項及び第2項に基づき、建築物等から除去した石綿等については、その後の運搬、貯蔵等の際に、石綿繊維が発散するおそれがないよう、堅固な容器を使用し、又は…

大防法・石綿則改正に関するマニュアルの解説⑩

4.建築物等の解体等における飛散防止対策(続き) ⑤除去作業の事後処理における留意事項 ◆清掃、その他の処理 ・取り外した材料は原則として湿潤化する。 ・原形のまま取り外した材料は、原則として切断や破砕は行わず、原形のまま取り扱います。除去時に…

大防法・石綿則改正に関するマニュアルの解説⑨

4.建築物等の解体等における飛散防止対策(続き) ④石綿含有成形板等の除去作業における留意事項 ◆⾮破砕の原則 石綿含有成形板等は、種類・形状も多様で一部を除き見掛け密度が概ね0.5g/cm3 以上の硬い材料がほとんどであり、通常そのままの状態では石綿…

大防法・石綿則改正に関するマニュアルの解説⑧

4.建築物等の解体等における飛散防止対策(続き) ③石綿含有成形板等の除去作業手順 石綿含有成形板等を原形のまま取り外して除去する場合の作業手順を下図に示します。(ちょっと見にくいですね) 上図の黄色いマーカーの部分が、解体後の廃棄物の処理方…

大防法・石綿則改正に関するマニュアルの解説⑦

4.建築物等の解体等における飛散防止対策(続き) ②大防法及び石綿則における石綿含有成形板等の除去に係る措置 石綿含有成形板等の除去作業においては、新たに大防法における作業基準の遵守及び石綿則による除去に係る措置が求められています。 石綿含有…

大防法・石綿則改正に関するマニュアルの解説⑥

3.用語の定義(略) 4.建築物等の解体等における飛散防止対策 ①石綿含有成形板等の除去における飛散及び漏えい防止の考え方 石綿含有成形板等(石綿含有成形板及び工作物に使われている石綿含有建材・製品)は、建築物等の解体等工事時の石綿除去等作業…

大防法・石綿則改正に関するマニュアルの解説⑤

2.関係法令の解説(続き) ②労働安全衛生法(安衛法)及び石綿障害予防規則(石綿則) 安衛法は、職場における労働者の安全と健康の確保及び快適な職場環境の形成の促進を目的とする法律です。 石綿則は、石綿による健康障害予防対策の一層の推進のため、…

大防法・石綿則改正に関するマニュアルの解説④

2.関係法令の解説 アスベスト関係の法律は様々なものがあるので、この機会に簡単に整理しておきましょう。 ①大気汚染防止法(大防法) 大防法においては、石綿の排出及び飛散の抑制を図るため、平成元(1989)年の大防法の改正から規制が始まりました…

大防法・石綿則改正に関するマニュアルの解説③

◆石綿の健康被害 石綿の健康被害には、じん肺(石綿肺)、肺がん、悪性中皮腫、良性石綿胸水(胸膜炎)、びまん性胸膜肥厚等があります。 このうち悪性中皮腫は極めて予後不良な悪性がんです。 石綿ばく露から20~50年の長い潜伏期間の後に発症するため…

大防法・石綿則改正に関するマニュアルの解説②

新マニュアルは、7章から構成されています。 1.石綿に関する基礎知識 2.関係法令の解説 3.用語の定義 4.建築物等の解体等における飛散防止対策 5.隔離空間全体からの漏えい確認のための石綿濃度の測定等 6.呼吸用保護具、保護衣 7.労働者が石…

大防法・石綿則改正に関するマニュアルの解説①

昨年(令和2年)に大気汚染防止法(大防法:環境省)と石綿障害予防規則(石綿則:厚生労働省)が改正されました。 これらの改正内容が、いよいよ令和3年4月1日より施行されます。 そこで、この度、両省並列で石綿の除去作業に関するマニュアルが公開さ…

2021NEW環境展にて、ロングタイプのフレコンバッグを展示予定です!

昨年、コロナ禍の影響により中止となったNEW環境展が、今年3月に開催される予定です。我が社では“大防法・石綿則の改正に対応!アスベスト飛散防止をサポート”をテーマに出展します。 ■昨年コロナ禍により中止となったNEW環境展ですが、今年は令和3…

SDGs活動~エコプラザで発表することに💦⑤

“繰り返しますが、これまではアスベスト・レベル3は飛散性が少ないということで、規制対象にはなっていませんでした。 ところが、最近の調査でアスベストが練り込まれている建材も、割ったり砕いたりしているとアスベストが飛散することが分かりました。 今…

SDGs活動~エコプラザで発表することに💦④

“このように見てくると、弊社ではリレーバッグを売ること自体がSDGsの取り組みになるのではないかと思えてきました。 リレーバッグを売れば売るほど、分別が進み、リサイクルが進み、「住み続けられるまちづくり」に貢献できるのではないでしょうか! さらに…

SDGs活動~エコプラザで発表することに💦③

“我が社でも昨年設立20周年を記念して、SDGsに取り組むことになりました。実は業界紙の記者さんに勧めて頂いたのですが、プレスリリースも発表し、エコプラザさんでも紹介して頂きました。“ “ということで、いざSDGs取り組み!という流れになりましたが、…

SDGs活動~エコプラザで発表することに💦②

“私の自己紹介はさておいて、弊社の紹介をさせて頂きます。 弊社は昨年6月14日で、設立20周年を迎えました。 ちなみに、国税庁の調べでは。設立後20年以上存続している会社の比率は、0.3%とのことです。1000社起業しても、そのうち997社は…

SDGs活動~エコプラザで発表することに💦①

おおさかATCグリーンプラザという施設があります。 「大気、水、騒音、廃棄物、エネルギー、地球温暖化問題など、環境に関する諸問題は年々複雑化し、市民・企業や自治体にとって早急に解決すべき課題です。このように環境問題への対応がますます重要となっ…

SDGsへの取り組み(その⑦)

繰り返しますが、我が社のSDGs活動の取り組みは、以下の通りです。 目標11:包摂的で安全かつ強靭で持続可能な都市及び人間居住を実現する。 (ターゲット11-6) 大気の質及び一般並びにその他の廃棄物の管理に特別な注意を払うことによるものを含め、…

SDGsへの取り組み(その⑥)

SDGsの17の目標に、次のような項目があります。 目標8:働きがいも経済成長も ディーセントワーク(Decent work 働きがいのある人間らしい仕事)を目指そう! もちろん、目標そのものは「強制労働」であるとか「長時間労働」「過労死」といった人としての…

SDGsへの取り組み(その⑤)

ISSP国際比較という調査があります。 NHK放送文化研究所が加盟している国際比較調査グループISSP(International Social Survey Programme)による調査です。 少し古い調査(2005年)ですが、「職業意識」に関する調査です。 「今の仕事に満足し…

SDGsへの取り組み(その④)

毎日の営業活動がSDGsなのだから、社長以下従業員が一丸となって、我が社の製品を売って売って売りまくれば良いじゃない。 そうすると、世間ではアスベストの飛散が減少し、分別によるリサイクルが推進されるわけです……が、それだけでSDGsに取り組んでいると…

SDGsへの取り組み(その③)

SDGsの世界的な取り組みの背景には、産業革命以降急激に活発化した人間活動により、経済・社会の基盤である地球の持続可能性が危ぶまれていることに対するグローバルな共通認識があります。 “我々は、貧困を終わらせることに成功する最初の世代になり…

SDGsへの取り組み(その②)

今さらながら、SDGsとは何でしょう? SDGsとは持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)のことです。 国連で採択された持続可能な開発のための国際目標であり、17のグローバル目標と169ターゲット(達成基準)からなります。 2015年9…

SDGsへの取り組み(その①)

弊社はSDGsに取り組んでいます。 大阪府のSDGs推進を担当されている「おおさかATCグリーンエコプラザ」にも常設展示しています。 エコプラザカレッジ2020の後期がスタートしています。 テーマは『今さら聞けないSDGs~幸せな社会づくりに…

大防法・石綿則改正に対する各地の対応④(兵庫県)

神戸市では市営住宅の解体工事で石綿の見落としがあったことが指摘され、解体工事の着工が延期されました。 神戸市は、アスベストの事前調査の結果、建物に使用されているアスベストは飛散の可能性の低いレベル3のみで、飛散防止策を講じながら除去するとし…

大防法・石綿則改正に対する各地の対応③(大阪府・市)

大阪府では、平成26年6月1日に大防法が改正され、解体工事の届出義務者が工事施工者から発注者に変更されたのを機に大阪府生活環境の保全等に関する条例を改正し、府独自の規制を行ってきました。 府では、大防法が規制の対象をレベル1と2に限定してい…

大防法・石綿則改正に対する各地の対応②(東京都)

東京都では、「改正大気汚染防止法モデル事業」への参加者を募集しています。 品川区では独自のチラシを作成しています。

大防法・石綿則改正に対する各地の対応①(北海道)

大防法と石綿則の改正に伴い、各地の行政機関も動き始めました。 まずは北海道からです。 北海道アスベスト情報ポータルサイトは8月25日から更新されていません。 一方、北海道労働局では、8月28日に石綿則改正の説明会を開催しています。 この時の説…

道路施設におけるアスベスト対策

平成17年12月ですから、今から15年前に、国交省の道路施設アスベスト対策検討委員会から『道路施設におけるアスベスト対策について』という報告書が作成されました。 「道路施設においてもアスベストの使用実態を適切に把握し、アスベストの使用が確認…

メビウス(全解工連会報)に石綿則改正内容が掲示される

公益社団法人 全国解体工事業団体連合会会報の最新版(2020.10)にて「石綿障害予防規則の改正について」として石綿則の改正内容が詳しく掲載されています。 詳細は、これまでこのブログでお伝えしてきましたが、スケジュール面で分かりやすい表が掲示されて…